« 今年も石垣島へ いきなりヒレナガカンパチ | トップページ | 小浜の海へ行けるのはいつの日か? »

2017年1月29日 (日)

FFヒータ快適化 べバコンと温度センサー取り付け

冬の車中泊には欠かせないFFヒーター

ウチのテントむしの場合温度調節がうまくいかないのが悩みでした。

20170126_050801582_ios


温度調節のつまみが12時より右の場合は

ヒーターガンガン、暑くて眠れません

それより左の場合はヒーターオフの状態

寒さで目が覚めます。

つまり、暑いか寒いか両極端なのです。

ちょうど良い室温に調節できるようにすること

それが今回の目標です。

この現象の原因は

温度センサーがFFヒーター本体内部の吸気部にあることです。

ウチの場合運転席側と居室側はカーテンで仕切られていて

FFヒーターはカーテンの下から

常に冷たい運転席側の空気を吸引しているのです

20170127_055536250_ios
写真は運転席側からみたヒーターの吸気部

そこで今回のFFヒーター快適化の作業は

居室内に外付け温度センサーと取り付けること

ついでにコントローラーの1℃単位で温度調節ができる

べバコン-3 に替えることです。

さっそく部品をんネットで注文。

20170121_063228274_ios

部品が届いて作業開始です。

先ずは、従来のダイヤル式コントローラーを外します

20170126_050801582_ios_2


ちょっと硬いですが、つまみを引き抜き

見えてくるナットを外せば、簡単に外れます。

そして、べバコンの大きさに合わせて穴をあけます

20170126_052808567_ios

20170126_054431576_ios


次は外付け温度センサーへの配線です。

20170126_065010279_ios

コントローラーに接続されているコードの端から30cmほど

のところのテープをはがすと

上の写真のような抵抗がついています。

この抵抗を切断し、この黄色と青色の線に

外付け温度センサーのケーブルを繋げます。

センサーの付属品に2Pのコネクターがついていますので

それに、この黄色と青色のコードを圧着ペンチで接続して

センサー側のコネクターに接続するだけです。20170127_031019768_ios

こんな感じ。

後は12Vの電源を取り出します。

今回は、ギャレーについている6連スイッチから

とりました。こんな感じ

20170126_062952475_ios

12Vの電源は、べバコンに付属している白色コネクターから出ている

赤線、黒線に接続します。

最後にべバコン本体に電源を接続した白のコネクターと

取り外したダイヤル式コントローラーに接続されていた黒のコネクターを

接続すれば完成です。

Photo

20170127_032201736_ios

こんな感じ。

さて、効果のほどはいかに

先ずは設定温度25℃ → 車内の室温24.6℃

次に 設定温度21℃ → 車内の室温 21.5℃

20170127_050507851_ios


素晴らしい!!いい感じです。

快適に車中泊ができそうです。

ちなみにこのべバコン-3

オンタイマーや

20170127_032053932_ios


オフタイマーや

バッテリーの電圧もモニターできる優れものです。

20170127_032035876_ios


真冬の車中泊が楽しみになりました。


にほんブログ村   ←よろしかったらクリックをお願いします 

|

« 今年も石垣島へ いきなりヒレナガカンパチ | トップページ | 小浜の海へ行けるのはいつの日か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FFヒータ快適化 べバコンと温度センサー取り付け:

« 今年も石垣島へ いきなりヒレナガカンパチ | トップページ | 小浜の海へ行けるのはいつの日か? »